稼ぎの二極化

林の中のシェフ達 > 風景 > 稼ぎの二極化

稼ぎの二極化

「スプレッド」とは外為取引は二国間の通貨を売り買いして収益を稼ぐ投資です。

 

売り買いの値段は二十四時間変化しています。

 

これがレートです。

 

ラジオのニュースを聞いていると通貨の市場の話題が流れる状況があります。

 

よくあるのが「本のマーケットは80円50銭から52銭で取引されています」というようにです。

 

これは80円50銭から80円52銭の幅の中で取引されているという訳ではなく、ドルを買うときには80円52銭、売るときには80円50銭、であることを提示しています。

 

つまり、売り買いには買値と売値の両方の値が存在する事を示しています。

 

売値のことをビット、買値の事をアスクと表現している取引業者もあったりします。

 

通常は売値のほうが買値よりも小さく設定されています。

 

FX投資家が買値は高く、売値は低くなるのです。

 

この差分をスプレッドといい、FX業者の儲けのひとつとされています。

 

スプレッドは取引会社によって変わります。

 

スプレッドの広さは利用者にとって費用になるので小さいFX取引会社を選んだほうが優位です。

 

ただ、同じ会社でも場面によってスプレッドの幅は変化します。

 

もしも普段はドル円の組合せでわずか1銭のスプレッドの幅だったとしても、マーケットの上下がとても激しいときには3銭、4銭になったりする場合があります。

 

なので、スプレッド幅が狭いのと同様に変化が少ないのが不可欠です。

 

今では変化しないスプレッドの広さを示す取引会社もいろいろあったりします。

 

現実に業者のトレード画面でリアルな為替相場を見なければわからないので面倒くさいですが、肝心な事です。

 

貴重な投資資金を賭けて取引するのですから、本当の取引の前に、興味を持ったFX取引会社の新規口座開設をいくつもしてスプレッドの差を確認しましょう。

 

同じ通貨のペアでも為替相場の状態によってスプレッドの広さは異なります。

 

通常、インターバンクマーケットで取引量の多い米ドル/円やユーロ/円、ユーロ/ドルではスプレッドが狭く、別の通貨ペアでは拡大する事があります。

 



関連記事

  1. 友人関係を調査して欲しい
  2. 稼ぎの二極化